SIMフリー版「Xperia 1 II」を予約しました

Xperia

8月18日に発表されたSIMフリー版Xperia 1 II、早速予約してしまいました。私にとってSIMフリー版の発表はタイミング良すぎ!即決に至った経緯をお話しします。

docomo版を買おうとしてた

iPhone8を2年使ってきましたが、元々Androidを使ってきたせいもあって「やっぱりAndroidがいい」とdocomo版のXperia 1 IIの購入を考えていました。iPhone8の使用期間がちょうど2年となる来月に機種変更しようと考えていたところへ、今回のSIMフリー版Xperia 1 IIの発表でした。

なぜSIMフリー版?

素直にdocomoで買えばいいじゃんってならなかった理由が以下。

スペックが違う

docomoやauから発売されているキャリア版のXperia 1 IIと、SIMフリー版のXperia 1 IIではスペックが違い、少し良くなってます。

ここがポイント

  • メモリ(RAM)の容量がアップ(キャリア版が8GB/SIMフリー版は12GB)
  • ストレージ(ROM)の容量がアップ(キャリア版が128GB/SIMフリー版は256GB)

キャリア版の8GB/128GBでも十分な容量ですが、12GB/256GBもあれば重たいアプリを複数立ち上げても快適に使えます。

追加された機能

キャリア版には搭載されていない機能もSIMフリー版には付いています。

ここがポイント

  • SIMフリー版はデュアルSIMに対応。

デュアルSIMとは、1台のスマホで2枚のSIMを挿して使える機能のこと。docomoのSIMと格安SIMを挿して使い分けたり、5Gと4GのSIMを挿して使い分けるといったことも可能です。私は今のところ2枚のSIMを使うよりかは2台のスマホを使いたい派なので大して重要視している機能ではないですけど^^

削除された機能

逆に、キャリア版には搭載されているけどSIMフリー版では無くなった機能もあります。

ここがポイント

  • SIMフリー版はワンセグ/フルセグ視聴には非対応。

いつでもどこでもTVが見たい人にとっては痛いですが、最近は動画サービスなども充実していますし、私にとっては付いてなくても困らない機能のひとつです。

おサイフケータイには対応

ここがポイント

  • おサイフケータイ(Felica)、NFCに対応

キャリアから発売されているスマホのSIMフリー版になると削除されがちなのがおサイフケータイ(Felica)ですが、Xperia 1 IIのSIMフリー版はおサイフケータイ対応です。私にとってはこれが一番の購入の決め手でした。SIMフリー版が発売されても、おサイフ非対応なら諦めてキャリア版を購入していたところでした。

SIMフリー版限定色「フロストブラック」

ここがポイント

  • カラーはフロストブラック・ホワイト・パープルの3色

せっかくSIMフリー版買うならキャリア版で売ってない色がいいよね。ということで、私は限定色「フロストブラック」を予約しました。フロスト=英語で「霜」ですね。光沢のある黒ではなく、つや消し、マッドな感じで指紋とか目立たなさそうです。ま、どうせカバー付けちゃうんですけど笑

発売は2020年10月30日

まだ2ヶ月も先になりますが、気長に待ちます。現在、ソニーストアで予約受付中です。販売価格は124,000円(税別)。docomo版より少しお高めですが、内臓メモリがアップしている分を考えれば割高ではないと思います。長く使いたいですよねー。